最強守護神・キンブレルはどこへ行く ファンの予想は?

©MLB Advanced Media, LP.

いまだフリーエージェント市場に残るメジャー最高のクローザー、クレイグ・キンブレル。アメリカ本土でのレギュラーシーズン開幕が2週間後に迫るなか、契約が決まる気配すら感じられない。キンブレルはどのチームと契約するのどうか。大手移籍情報サイト「MLB Trade Rumors」ではMLBファンへのアンケートを行い、その結果を公表している。

ファンから最も多くの支持を集めたのは、キンブレルの古巣であるブレーブスだ。昨季の地区王者であるブレーブスだが、今オフは同地区ライバルのフィリーズやメッツが大型補強を展開し、不甲斐ないシーズンを送ったナショナルズも王座奪還を目指している。それに対抗すべく、キンブレル獲得に動くとの予想だが、キンブレルやダラス・カイケルの獲得に動く意思はないとの報道もあり、キンブレルのブレーブス復帰が実現するかどうかは微妙なところだ。

ブレーブス以下は、2位レッドソックス、3位カブス、4位フィリーズ、5位カージナルスと続く。クローザー不在のレッドソックス、大型補強を展開しているフィリーズ、ブルペンに不安を抱えるカージナルスは、これまでにもキンブレル獲得の候補として名前を挙げられてきたが、カブスは少し意外かもしれない。しかし、クローザーのブランドン・モローが開幕に間に合わず、代役クローザーのペドロ・ストロップもコンディションに不安を抱える状況のなか、カブスがキンブレル獲得に動くと予想するファンが増えているようだ。

一方、キンブレル獲得の可能性が取り沙汰されているナショナルズは8位にとどまった。マイク・リゾーGMはMLB公式サイトに対してぜいたく税の課税対象となる年俸総額2億600万ドルを超えたくないとの意向を明らかにしており、これを受けての結果であると見られる。キンブレルと契約すれば、年俸総額が2億600万ドルを超えてしまうのは確実であり、ナショナルズがキンブレル獲得に動く可能性はなくなったと判断していいのではないだろうか。