アスレチックスが本塁打王・デービスら来日メンバー30人を発表

©MLB Advanced Media, LP.

日本時間3月14日、アスレチックスは東京ドームで行われるマリナーズとの開幕シリーズに向けて、来日メンバー30人を発表した。北海道日本ハムファイターズとのエキシビションマッチ2試合では全30選手を起用可能だが、マリナーズとの公式戦2試合ではロースターを28人に絞る必要があり、また試合で起用できるのはそのうち25人となる。なお、開幕投手にはすでにマイク・ファイアーズが指名されている。

マリナーズとの開幕シリーズ2試合では、初戦にファイアーズ、第2戦にマルコ・エストラーダが先発予定。エキシビションマッチでは、第1戦はリアム・ヘンドリックスを先発に起用して「ブルペン・デー」を採用し、第2戦はブレット・アンダーソンが先発予定となっている。

開幕ローテーションは、ファイアーズ、エストラーダ、アンダーソンで3枠が埋まり、残りの2枠をフランキー・モンタス、クリス・バシット、アーロン・ブルックス、ヘスス・ルザードらが争う状況。このうちブルックスと有望株のルザードは来日せず、アリゾナ州のキャンプ施設で練習を続ける予定だ。

野手陣では、2011年からアスレチックスの球団組織に在籍しているビュー・テイラーが3番手捕手としてメンバー入り。オープン戦好調のフランクリン・バレートも来日メンバーとなり、チャド・ピンダーとユーティリティの枠を争う。また、2012年の日本開幕戦で来日メンバーに含まれていたベテラン内野手、クリフ・ペニントンもメンバー入りし、7年ぶりの来日が決定した。アスレチックスの来日メンバー30人は以下の通り。

【投手】
ブレット・アンダーソン
クリス・バシット
ジェリー・ブレビンス
ライアン・バクター
ライアン・ダル
マルコ・エストラーダ
マイク・ファイアーズ
リアム・ヘンドリックス
フランキー・モンタス
ユスメイロ・ペティート
フェルナンド・ロドニー
ホアキム・ソリア
ブレイク・トライネン
ルー・トリビーノ
J.B.ウェンデルケン

【捕手】
ニック・ハンドリー
ジョシュ・フェグリー
ビュー・テイラー

【内野手】
フランクリン・バレート
マット・チャップマン
マット・オルソン
クリフ・ペニントン
チャド・ピンダー
ジュリクソン・プロファー
マーカス・セミエン

【外野手】
マーク・キャナ
クリス・デービス
ロビー・グロスマン
ラモン・ローレアーノ
スティーブン・ピスコッティ