大気非常に不安定

西日本は激しい雷雨、突風、ひょうに注意

©株式会社ウェザーマップ

 西日本は15日(金)明け方から16日(土)にかけて、大気の状態が非常に不安定となる見込み。落雷や竜巻などの激しい突風、急な強い雨、ひょうの降るおそれもあるので注意が必要だ。

15日(金)夜の発雷確率

 15日から16日にかけて、西日本の上空およそ5500メートルに-30℃以下の強い寒気が流れ込む。このため、西日本では大気の状態が非常に不安定となり、局地的に雨雲が発達するおそれがある。

16日(土)午前0時の上空の寒気の予想

■激しい現象に要注意な時間帯
九州北部(山口県を含む)
   15日朝~16日未明
中国 15日明け方~16日
近畿 15日夕方~16日
四国 15日夜のはじめ頃~16日

15日(金)から16日(土)にかけての西日本の時系列予報

 竜巻などの激しい突風、落雷、急な強い雨に注意が必要だ。ひょうが降るおそれもあるため、農作物や農業施設の管理に注意が必要となる。急に暗くなる、雷鳴が聞こえる、電光と雷鳴までの間隔が次第に短くなるなど、発達した積乱雲の近づく兆しがある場合には、建物内に移動するなど安全確保に努めるよう心掛けたい。