覚醒剤使用で無罪判決、仙台高裁

公判手続きの法令違反を否定

©一般社団法人共同通信社

 覚醒剤を使用したとして覚せい剤取締法違反罪で起訴された40代男性被告の控訴審判決で、仙台高裁(秋山敬裁判長)は14日、「意図せずに摂取した可能性がある」として無罪とした一審山形地裁判決を支持し、検察側の控訴を棄却した。

 被告は尿から覚醒剤成分が出たが「証拠の捏造だ」と否認。山形地裁は昨年3月「誤って摂取した可能性は排斥できない」と無罪を言い渡した。

 控訴審で検察側は「地裁は、被告の新たな主張に対する検察の反論を促す義務を怠った」として、公判手続きに法令違反があると主張した。高裁は「地裁は審理を再開し、検察に追加立証の機会を与えた」とし法令違反を否定した。