『アベンジャーズ/エンドゲーム』キャプテン・マーベル登場!ついに本予告編が公開!

©株式会社シネマトゥデイ

ちゃんとホークアイもいる! 『アベンジャーズ/エンドゲーム』ポスタービジュアル - (C)2019 MARVEL

 14日、映画『アベンジャーズ』シリーズの完結編となる最新作『アベンジャーズ/エンドゲーム』の本予告編が、キャプテン・マーベルや、前作『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』に登場しなかったホークアイも描かれたポスタービジュアルと共に公開された。

【動画】『アベンジャーズ/エンドゲーム』本予告編

 ヒーローチーム“アベンジャーズ”と、全宇宙の生命の半分を消し去ろうとする最強の悪役サノスとの激突を描いた『インフィニティ・ウォー』の続編となる本作。公開された本予告編は、前作で描かれた絶望のクライマックスと共に、アイアンマン(ロバート・ダウニー・Jr)、キャプテン・アメリカ(クリス・エヴァンス)、ソー(クリス・ヘムズワース)が、ヒーローへと生まれ変わった瞬間を振り返る姿が映し出される。

 続くカットでは、絶望の底から動き出すヒーローたちの姿が。再び盾を手にするキャップをはじめ、アイアンマン、ブラック・ウィドウ、ウォーマシン、ロケット、アントマンたちが、「命をかけて」最後の作戦に向けて立ち上がる姿が、希望の物語を予感させる。そろいの新スーツを身にまとい、決意に満ちた表情でアベンジャーズ基地を歩くキャップたちの姿にも注目だ。

 そしてラストには、15日から単独映画の公開がスタートする新ヒーロー、キャプテン・マーベル(ブリー・ラーソン)がついに初登場。ソーを目の前にしても、余裕の笑みでたたずむ自信に満ちた彼女の姿が、ヒーローたちの逆転劇を期待させる。また、兄弟でメガホンを取ったジョー&アンソニー・ルッソ監督がすでに明かしていた通り、レインボーブリッジや東京タワーが映し出された、日本のカットも登場する。

 『エンドゲーム』をもって、アベンジャーズのメインを担ってきたキャストの多くは出演契約が満了となる。マーベルスタジオの社長ケヴィン・ファイギも、2008年公開の『アイアンマン』から始まった物語が一度、終わりを迎えると公言しており、マーベル・シネマティック・ユニバースにとって最も重要な一本といっても過言ではない映画の公開がついに迫ってきた。(編集部・入倉功一)

映画『アベンジャーズ/エンドゲーム』は4月26日(金)より全国公開