診察予約のキャンセルで違約金が請求される?

SNSを利用した予約管理が注目

©ドイツニュースダイジェスト

専門医師との診察予約をキャンセルした場合、一部の医師は違約金を科すことがある。

医師側としては機器や人員が準備されている診療や検査に関しては違約金は否めないとする意見があるが、消費者センターは反論。

予約がキャンセルされたとしても、通常は業務に支障をきたすことはないとしている。健康保険も違約金の請求は正当化されず、医師と患者の関係の混乱を招くとみている。

最近は医師が予約管理を機械に任せて、SMSなどでリマインドをすることも。新たな解決策として注目されている。