『L・DK ひとつ屋根の下、「スキ」がふたつ。』主題歌にHoney L Days「君が笑っていてくれるなら」が決定

©株式会社AbemaTV

 3月21日(木・祝)公開の映画『L・DK ひとつ屋根の下、「スキ」がふたつ。』の主題歌として、前作『L・DK』で主題歌「君色デイズ」を担当したHoney L Daysの「君が笑っていてくれるなら」がスペシャルコラボ曲として決定した。

 「君が笑っていてくれるなら」は主人公の葵(上白石萌音) と柊聖(杉野遥亮)と玲苑(横浜流星)の3人が同居をスタートさせ、柊聖は葵の優しさを改めて感じ、玲苑は葵の魅力を少しずつ感じていくシーンで使用され、本作に更なる彩りを加えている。

Honey L Days コメント

「君色デイズ」を書き下ろさせて頂いた時も、『L♡DK』のピュアさ、甘酸っぱさには終始やられっぱなしでしたが、今回はスペシャルコラボ曲という事で、揺れ動く心情、でも心温まるシーンに寄り添うことが出来て、本当に光栄でした。男としては、柊聖、玲苑、どちらにも共感できる今作の物語。葵がふたりにくれる優しい時間の流れをさりげなく音楽で表現出来たらと、書き下ろさせて頂きました。必ず、あぁ青春したい!と思わせてくれる『L♡DK』。是非、劇場でお楽しみ下さい。

(c)「2019 L・DK」製作委員会