那覇消防「全国唯一の車」のミニカー、タカラトミーが市に寄贈 16日から全国発売

©株式会社沖縄タイムス社

 那覇市消防局が全国で唯一所有する「ハイパーミストブロアー車」の「トミカ」(タカラトミーのミニカー)の贈呈式が14日、那覇市消防局であり、タカラトミーの小島一洋社長が城間幹子市長に贈った。同トミカは16日から全国で発売される。

 防災情報の発信に力を入れる同消防局が働き掛けて実現。同社が消防側からの要望で制作したのは初めてという。小島社長は「おもちゃを通じて、命を守る消防車両を知り、防災意識が高まるように貢献できたらうれしい」と話した。

 同車は正式名を自走式大量噴霧放水大型ブロアー車といい、市が2017年に導入した。秒速39メートルの風を発生させる大型ファンで水を霧状にして飛ばすことができ、火災現場の冷却や、煙や有毒ガスを除去する機能を備える。ミニカーは90分の1スケールで希望小売価格は税抜き900円。

トミカになったハイパーミストブロアー車を城間幹子市長(左から3人目)に贈る小島一洋社長(同4人目)=14日、那覇市消防局
トミカになった那覇市の消防車