石岡一は盛岡大付と初戦 春のセンバツ 23日開幕

©株式会社茨城新聞社

対戦が決まり、握手する石岡一の酒井淳志主将(右)と盛岡大付の及川温大主将=15日午前、大阪市

■25日第2試合

23日に兵庫県西宮市の甲子園球場で開幕する第91回選抜高校野球大会の組み合わせ抽選会が15日、大阪市北区の毎日新聞大阪本社オーバルホールで開かれ、21世紀枠で選ばれた本県の石岡一は大会第3日の25日、第2試合(午前11時半開始予定)で盛岡大付(岩手)と対戦することが決まった。

石岡一は春夏通じて甲子園初出場。対する盛岡大付は2年ぶり5度目の出場となる。春夏通算では15度目で、最高成績は2017年の春、夏のベスト8。昨秋の東北大会では準優勝だった。

対戦相手について石岡一の川井政平監督(44)は「強打のチームと伺っている。守備からリズムをつくりたい」と話し、酒井淳志主将(3年)は「持っている力を出し切る。その先に甲子園1勝が見えてくるはず」と初戦突破への意欲を語った。(桜井優)