ロッテとの試合で「ラミガールズ」も“躍動” ELIさん「これからも交流を」

©株式会社Creative2

ラミガールズのエリさん【写真:荒川祐史】

日本語も堪能なELIさん「日本の皆さんに誘っていただけてとても嬉しい」

 台湾のラミゴモンキーズは14日、ZOZOマリンスタジアムでの交流試合でロッテと対戦。美人チアの「ラミガールズ」も、スタンドで本拠地さながらのパフォーマンスを行った。試合前に昨年まではリーダーを務め、今年8年目のシーズンを迎えるELIさんに話を聞いた。

 初めて訪れたZOZOマリンスタジアムに「広くてきれいでびっくりしました」と、感動した様子のELIさん。2月に石垣島で行われた交流試合でもロッテの選手を見ており、「日本の選手は練習もまじめに取り組んでいて、精神力がすごいと思っています。去年も今年も石垣島ではラミゴが負けましたが、今回は頑張ります」とリベンジを誓ったが、試合はロッテが13-3で大勝。第1戦は“返り討ち”という結果になってしまった。

 今季からチームの中心だった王柏融(ワン・ボーロン)外野手が日本ハムに移籍した。オープン戦の情報は台湾国内でも連日報道されており、関心も高いようだ。ELIさんは、16日にZOZOマリンスタジアムで行われるロッテと日本ハムのオープン戦を観戦予定だそうで、王柏融外野手のプレーを見るのが楽しみだと話す。

 日本語も堪能なELIさんは、日本のファンに向け「台湾に試合を見に来てくれる日本の方が多いことにとても感謝していますが、今回は日本の皆さんに誘っていただけてとても嬉しいです。これからも、日本と台湾の交流を深めていきたいと思います」と、メッセージを送った。(篠崎有理枝 / Yurie Shinozaki)