トヨタ 80年代を象徴する名車を出展|オートモビル カウンシル 2019

©オートックワン株式会社

オートモビル カウンシル 2019 トヨタ スープラ MA70型(1988)

トヨタ「オートモビル カウンシル2019」に出展

トヨタは2019年4月5日~同年4月7日までの3日間、幕張メッセ(千葉市美浜区)で開催される「オートモビル カウンシル2019」に出展する。

オートモビル カウンシル2019は国内メーカー・ブランド5社の共同企画「百花繚乱80's」と連携した一体展示となっており、トヨタは1980年代を象徴するデートカーの「ソアラ」、ハイソカーの「マーク2」、そして「新旧スープラ」の計4車種を展示する。

展示テーマは「ネオクラシック 80's」

新旧スープラ

オートモビル カウンシル 2019 トヨタ スープラ MA70型(1988)
オートモビル カウンシル 2019 トヨタ 新型スープラ

「スープラ MA70型」は1986年のモデルチェンジを機に「セリカ」から独立し、シャシーには4輪ダブルウィッシュボーン式サスペンションを採用した。

「新型スープラ」は、2002年に生産終了してから17年ぶりに復活。伝統の直列6気筒エンジンとFRに加え「ホイールベース」「トレッド」「重心高」の3つの基本要素にこだわった。

オートモビル カウンシル2019では新旧スープラが並べて展示される。

ソアラ

「ソアラ MZ20型」は初代モデルのイメージをキープしながらリファインし、世界で初めてスペースビジョンメーター等の最新技術を多く搭載した。

マーク2

「マーク2 GX71型」はハイオーナーサルーンとして人気を博し、1985年度のグッドデザイン賞を受賞した。