ロアッソ、初勝利を 16日、アウェー藤枝戦

©株式会社熊本日日新聞社

 明治安田J3第2節の16日、6位ロアッソ熊本は静岡県藤枝市の藤枝総合運動公園サッカー場で4位藤枝MYFCと対戦する。熊本は初戦を引き分けただけに、渋谷洋樹監督は「勝ちにこだわって戦う」と初勝利へ意気込む。

 藤枝は昨季J3で17チーム中16位と低迷した。今季は身長188センチでキープ力の高いFW森島康仁や、前線を自由に動いてボールを受けるMF谷澤達也らベテラン勢を補強。戦力は高まっている。

 熊本は相手ベテラン2人の動きを封じ、攻撃の芽を摘みたい。渋谷監督は「全体の陣形をコンパクトに保ち、彼らにボールが入った時、楽にプレーさせないことが大事」とポイントを語る。

 藤枝は前節、福島に1-0で勝利。前線から相手に激しく圧力をかけ、主導権を握った。熊本の攻撃では、その裏をかくプレーが重要になりそうだ。MF田辺圭佑は「相手は前からプレスに来る意識が強いので、裏にできたスペースを突く」と狙いを語る。

 ただ、藤枝が昨季J2の熊本の攻撃陣を警戒し、引いて守る時間帯が増える可能性もある。「ドリブルで切り裂くなどして相手を崩し、試合の入りから畳み掛けたい」とFW原一樹。前節2ゴールのエースは「先制点を奪い、DF陣を楽にしたい。勝ち点3につながるゴールを奪う」と必勝を誓う。(植山茂)

(2019年3月15日付 熊本日日新聞朝刊掲載)