ヴォルターズ 首位奪え 16、17日にアウェー奈良戦

©株式会社熊本日日新聞社

 バスケットボールBリーグ2部(B2)西地区2位の熊本ヴォルターズは第26節の16、17日、奈良県大和郡山市の金魚スクエアで同5位のバンビシャス奈良と対戦する。残り13試合で、首位島根を1ゲーム差で追う熊本は、これ以上は負けられない。

 熊本は前節、東地区5位の山形に第1戦は快勝したが、第2戦は相手の外角からの高確率のシュートに苦戦。タプスコット頼みの単調な攻撃でリズムを失って痛い黒星を喫し、ライバルに地区首位の座を明け渡した。

 16勝31敗の奈良は仙台に連勝するなど、攻守がかみ合ったときの破壊力は侮れない。特にハミルトンはアシスト数でリーグ1位、リバウンドは同2位と攻守の中心を担う。前回対戦時(2月)は体調不良で欠場しており要警戒だ。熊本は守備意識を高めてハミルトンの動きを封じ、本多純平らシューター陣との連係を断ち切りたい。試合開始は16日が午後6時、17日は同2時。(坂本尚志)

(2019年3月15日付 熊本日日新聞朝刊掲載)