大阪大が熊本地震論文などの捏造改ざん認定

©一般社団法人共同通信社

 2016年4月に起きた熊本地震の調査で、大阪大などのチームがデータを捏造したと指摘されている問題で、大阪大は15日記者会見し、熊本地震と東日本大震災の研究論文5編で捏造や改ざんがあったと明らかにした。