錦戸亮が緊迫のクライマックスシーン撮影! 涙を流し銃口を向けた相手は?

©株式会社東京ニュース通信社

フジテレビ系の連続ドラマ「トレース~科捜研の男~」(月曜午後9:00)で、主人公の法医研究員・真野礼二を演じる錦戸亮がクライマックスシーンの撮影に臨んだ。

同作はある陰惨な過去を持つ影のある科捜研法医研究員・真野が「鑑定結果こそが真実」と主観や憶測を排除し、新人法医研究員の沢口ノンナ(新木優子)やベテラン刑事・虎丸良平(船越英一郎)とともに、ありとあらゆる手段を使って鑑定を行い、闇に葬り去られようとしている真実のかけらを見付け、亡くなった被害者の思いや無念を明らかにしていくストーリー。

3月18日放送の最終回では、廃業した映画館を舞台に、家族が殺害された事件にかかわる重要人物と真野が対峙する場面が描かれる。真野が涙を流しながら銃口を向けるクライマックスシーンの撮影は未明にまで及び、錦戸は完全に真野と一体となり、怒り、絶望、悲しさ、悔しさ全ての感情を表現し演じ切った。この演技に船越は「亮ちゃんはテストから本番まで全部涙を流していたよね。これって俳優にとって難しいことなんだよ。すごいよ!」と絶賛していた。

一方、科捜研の法医科長・海塚律子を演じた小雪、相楽一臣を演じた山崎樹範、水沢英里を演じた岡崎紗絵、市原浩を演じた遠山俊也の“科捜研チーム”がクランクアップを迎えた。撮影を終え小雪は「テーマはとても重い話でしたが、スタッフ・キャストの皆さんが一丸となって、すごく良い作品を作り上げているなと感じています。あと少し、皆さん走り続けなければいけない状況だと思いますが、皆さんが最後まで元気で撮影を終えられるように願っています」とエールを送った。山崎も「懐かしい方にもたくさん会えましたし、やっぱり連ドラって楽しいですね!」と名残惜しそうに話すと、まだ撮影が続く錦戸と新木、船越と写真撮影を行い別れを惜しんだ。