人気ブランドが新技術で「さらなる高み」に挑戦! Unique Melody「MAVEN/MIRAGE」レビュー

©株式会社 音元出版

「Unique Melody」というイヤーモニターブランドが日本においてその名を広く知られるようになったのは、2012年前後、カスタムイヤーモニターブーム初期のことだったと思う。

当時日本に導入されてきたモデルの中でも特に大きな注目を集めたのは、その時点においてはまだ物珍しさもあったハイブリッド構成をいち早く採用していた「MERLIN」だった。低域にダイナミック型、中域と高域にBA型を2基ずつという構成だ。

2012年前後のカスタムイヤーモニターブーム初期に日本で展開がスタートした「Unique Melody」
当時まだ珍しかったハイブリッド構成を採用したイヤホン「MERLIN」を開発するなど、当時から挑戦的な製品を生み出していた

ハイブリッドも、そして多ドライバーもまだ目新しい中、そのスペックでいて当時の実売価格も比較的に手ごろで、極めて挑戦的なモデルだったと言えるだろう。

そして先日、定番ブランドの地位を完全に確立している現在においてもその「挑戦的」っぷりは健在であると改めて見せつける新モデルが登場してきた。「MAVEN」と「MIRAGE」だ(関連ニュース)。

写真左:「MIRAGE」(実売想定価格132,800円前後)、写真右:「MAVEN」(実売想定価格220,900円前後)

■銀細工のような独特で美しい積層チタン筐体が特徴。音響設計には新技術を採用

まず見ての通り、ドライバー構成等は別物な両モデルだが、一見してわかる大きな共通点がある。さながらドワーフの職人による銀細工かのように緻密な美しさを見せるハウジングだ。

チタン素材をレーザー積層プリンターで成形し、さらにハンドメイドで磨き上げるという美しい外観が大きな特徴だ

このハウジングは、チタン素材をレーザー積層金属プリンターでこの形に成形し、そこから細かな部分や磨き上げをハンドメイドで仕上げることで生み出されている。積層プリントに12時間、その後の熱処理にも12時間、そこから手作業での切削や研磨を経てようやく完成する。2019年2月時点では1週間に最大で12ペアしか製造できないという。

積層プリントに12時間、その後の熱処理にも12時間かかる。そうして成形された筐体をさらに手作業で切削、研磨して完成させる

レーザー積層金属プリンターというのは、粉末の状態の金属素材、この場合はチタンを敷き詰めてあるところに、造形データに従ってレーザー光線を緻密に制御して照射し、任意の形になるようにチタンの粉を焼結させ固めた層を作り、そこに積み重ねるようにまた次の層を作り……という流れで金属を立体的に造形するシステムだ。

「MAVEN」は銀細工のような細やかなデザインがハウジング内側にも施されている
「MIRAGE」はデザインされたハウジング外側とは対照的に、鏡のように磨き上げられた内側が美しい

これだけ聞くと「データ入れれば全自動。楽チンじゃん!」と思いそうになるが、そう簡単ではない。例えば実際の積層時に生じる僅かな誤差まで考慮した設計を施すなど、経験に基づくノウハウは依然として必要だ。

また積層であるので、現状ではどうしてもその層ごとに僅かな段差が生じる。一層の厚みは0.02mm〜0.05mm程度に過ぎないが、だからこそ、それを超えて本当に微細な部分や最後の仕上げは人の手で行うしかない。

レーザー積層金属プリンターによって成形され、最後の微細な仕上げは職人の手によって行われる

つまり今回のチタンハウジングは、レーザー積層金属プリンターという先進的な設備の導入があってこその筐体ではあるが、同時に同社がこれまでに蓄積してきたハウジング作りのノウハウがあってこそ実現するもの。その技術力に改めて感服する。

また、チタンハウジングは外観の美しさだけのために採用されたものではない。チタン素材の強度のおかげで、一般的なアクリル樹脂ハウジングと比べ、僅か0.2mm厚という圧倒的薄さでありながら、アクリルハウジングを超える強度を獲得できているというのだ。美しく頑強で軽量。何とも贅沢なハウジングとなっている。

さらに金属アレルギーを起こしにくい素材でもあり、特に今回のモデルは医療グレードのチタンを採用しているので、敏感な肌にも優しい。加えてチタンは熱伝導率が低いおかげで、金属ハウジングによくある、冬場の外気で冷やされてしまって再装着したら超冷たい!というあの現象も起きにくいとのことだ。

各モデルごとに最新BAドライバー技術を搭載

一方でその内部に収められたテクノロジーは、それぞれのモデルごとに異なる。「MAVEN」はBA型ドライバーを低域/中域/高域に4/2/4基ずつ搭載する、BA×11基のマルチドライバー機だ。

MAVENは、BA型ドライバーを低域/中域/高域に4/2/4基ずつ、さらに新技術「T.F.A.T」のために1基搭載した合計11基のマルチドライバー機

……お気付きだろうか?「低域/中域/高域に4/2/4基」というドライバー構成だけだと「BA×11基のマルチドライバー」にはまだ1基足りていないことに。

残りのBA1基は音を届けるための通常ドライバーとしてではなく、新技術「T.F.A.T(Targeting Frequency Adjustment Technology)」のための専用ドライバーとして搭載されているのだ。

ではその「T.F.A.T」とはどんな技術なのか?まず目的としては「特定の帯域に発生してしまうピークノイズを抑え込むための技術」である。従来はネットワーク回路や音導管の調整といった手法で対処していたのだが、それらの手法での完全の除去は難しかったという。

MAVENの内部構造

そこで「T.F.A.T」は従来とは全く異なる手法を採用した。専用に搭載したセミオープン型BAドライバーからピークノイズに対して逆位相の音を発生させ、それをぶつけることでそのピークを打ち消す。ノイズキャンセリングの理屈を思い出してもらえるとイメージが伝わりやすいだろう。これまでのモデルでオーソドックな手法を極めた上で、次に踏み込んでいくための、同社の新たなる挑戦技術だ。

「MIRAGE」はBAマルチの基本形とも言える、低域/中域/高域に各1基のドライバーという構成を採用する。だがこちらの内容もやはり挑戦的だ。

「MIRAGE」では低域/中域/高域に各1基ずつBAドライバーを搭載。最新のチューブレス設計を採用し、フルオープン型とした中域ドライバーのため、チタン筐体内部も音響設計を最適化した

各ドライバーから音導管で音を引き回す伝統的な構造ではなく、最新のチューブレス設計を採用。その上で中域用ドライバーにフルオープン型を採用し、チタン筐体内部もそれに最適化された音響設計となっている。こちらの技術は「Zero-Resonance Directional Transmission(Z.R.D.T)」と名付けられており、スタンダードなドライバー構成での技術であることから、今後様々なモデルへの展開も期待できそうだ。

MIRAGEの内部構造

さらに両モデル共通のポイントとして、音をドライバーから耳に導く経路であるサウンドチューブは、ホワイトゴールドでコーティングされたステンレススティール製を採用している。余計な共振を起こさない頑強さを備えるステンレスをベースに、コーティングによって音調を整えているものと思われる。

なお付属のオリジナルレザーケースにも注目。Unique Melodyの新たなコーポレートカラーだという青と緑の中間色のような「Melody Teal」、そして「UM」のラインを纏ったそのケースは、Dignis社に発注した専用品となっている。

付属のオリジナルレザーケース、またイヤーチップのノズル部に「Melody Teal」カラーを採用。写真はMAVEN用
こちらの写真はMIRAGE用のオリジナルケース

ケース内には仕切りが設けられており、収納中に左右のイヤホンがぶつかり合って傷ついたりしないように配慮されている。その美しさに自信があるからこそケースにまでこだわったということだろう。

ケース内には仕切りが設けられており、左右のイヤホンがぶつからないよう配慮されている

気になるサウンドをチェック。美しく広がる音場表現が特徴的

■軽やかで綺麗に広がる音場表現。MAVENはより開放的、MIRAGEは明快なサウンド

さて、ここからは両モデルのサウンドをチェックしていこう。共通するのは、音場の綺麗な広がりだ。ハウジングのデザインはあくまでも外装としてのものであり、音響的な機能を持つわけではないが、その開放的な意匠はサウンドの印象とも調和している。ルックスの印象から音を想像してもらっても、大きな違和感は生まれないはずだ。

MAVEN、MIRAGEともにドライバー構成は異なるものの、共通するサウンド特徴は「音場の綺麗な広がり」

その開放的に広がる音場の中で、まず「MAVEN」の特長は音の粒立ちの良さ、音の弾けの軽やかさ。例えばギターのカッティングでは、和音を構成する音がごちゃっとひとつに固まらず、さりとてバラバラの音に分離してしまうこともなくという、和音としての響きの綺麗さが印象的だ。もちろん音の立ち上がりと収まりも良く、スッとしていてリズムのキレも素晴らしい。

音の粒立ちがよく、音源本来の響きを明瞭に描き出す

音の余計な余韻は残さないが、だからこそ、本来あるべき余韻や響きの見え方はクリアだ。イヤホン側で響きを生み出してしまうことがないおかげで、それにマスキングされずに、音源本来の響きが明瞭に描き出されるわけだ。

低域側、例えばベースやバスドラムの描き方も秀逸。重低音の響きがドスンとそこにとどまることなく、ドンッと素早くそこから抜けていってくれる。低音としての存在感を十分に確保しつつ、リズムの足を引っ張るような鈍重さは全く出さない。

音の粒立ちの良さは「MIRAGE」でも光る。シンプルなドライバー構成のおかげか、音像の明快さはさらに際立ち、ギターカッティングは輪郭や芯がよりくっきりとしてパキッと抜けてくる印象だ。ナイル・ロジャース的な、コンパクトな動きで最大限のグルーヴを生み出すファンクカッティングなどには特に合う。

より明快な音像表現に、くっきりと抜けの良い音質が魅力的なMIRAGE。ギターのカッティングも気持ち良く再生する

低域側は、MAVENは重心を沈み込ませベースの存在感を「深み」で表現するのに対して、MIRAGEは中域側の適度なボリューム感による「太さ」でそれを出してくる印象。それぞれのドライバー構成やその他の技術要素から来る持ち味、長所を生かしたチューニングだ。

どちらも、軽やかな音抜けと広がりのある空間表現をベースに、各特徴としては、

『広がりを最大限に生かした特に開放的なサウンドのMAVEN』

『広がりの中であえてツボを押さえたコンパクトで明確な描写を意識したMIRAGE』

といった印象。どちらを好むかはリスナー次第だろう。

Unique Melodyの新たな挑戦は、またも確かな成果を生み出した。ならばこそ「ではこの次は?」というのが早くも気にはなるとは思うが、まずはこの「MAVEN」「MIRAGE」のサウンドに浸ろうではないか。