日銀、輸出・生産の判断引き下げ

大規模緩和策は維持

©一般社団法人共同通信社

記者会見する日銀の黒田総裁=15日午後、日銀本店

 日銀は15日、金融政策決定会合を開き、国内景気の個別項目のうち輸出と生産の現状判断を引き下げた。中国経済の減速を背景とした最近の落ち込みを反映した。景気の総括判断は「緩やかに拡大している」で据え置いたが、「輸出・生産面に海外経済の減速の影響が見られる」と慎重な表現を加えた。現行の大規模金融緩和策は維持した。

 日銀の黒田東彦総裁は決定会合後の記者会見で「景気拡大の基本的なメカニズムに変化は生じていない」と強調。設備投資など内需は堅調と分析し、海外経済も中国の景気対策などで「2019年後半には中国や欧州など、減速しているところが回復してくる」と見通した。