“猫ひたメンバー”大集合! 3周年感謝祭リポート【前編】

©株式会社東京ニュース通信社

テレビ神奈川(tvk)の昼の情報番組「猫のひたいほどワイド」(月~木曜午後0:00、テレ玉、チバテレビでも放送)のイベント「猫のひたいほどワイド 祝3周年感謝祭 ~バッジより大切なもの~」が3月9日に横浜市の関内ホールで行われ、月曜MCの八神蓮、火曜MCの小林且弥、水曜MCの三上真史、木曜MCの藤田玲、番組リポーター“猫の手も借り隊”の各曜日メンバーらが出演した。同イベントの模様を前編・後編にわたってリポート!

【第1部「曜日対抗編」】

曜日対抗で勝敗を競い、優勝チームには後日「ご褒美ロケ」が約束される「曜日対抗編」。開演前には火曜ブラック・大矢剛康と木曜ブルーで上期バッジ獲得チャンピオンの山形匠によるオープニングアクト「猫ひた体操」が行われ、かつて火曜日で共演していた2人のやりとりに客席は早くも笑いに包まれた。そして、番組テーマ曲と共に登壇したMCたちが自分の曜日の借り隊メンバーをキャッチフレーズとともに紹介。

<月曜日>
「月曜をまとめるためなら一肌“脱ぎやかわ”」 月曜ブラック・小早川俊輔
「こま回しで世界を征した熱い奴」 月曜レッド・石原壮馬
「スイートタイムからクールビーストへ、出るか野生のクールビースト」 月曜ブルー・谷水力
「うどんがすすれず涙した、人一倍頑張り屋さん」 月曜イエロー・中村嘉惟人

<火曜日>
「猫ひたのお笑いモンスター、今日もスベリ笑いを届けます」 火曜ブラック・大矢剛康
「その唇は誰のもの?綾瀬が生んだボケ王子」 火曜レッド・石渡真修
「苦手だった新感覚の食リポ、もはやトマトは友達さ」 火曜ブルー・赤澤遼太郎
「“パン祭り”最下位でガチへこみ、バッジ欲は誰にも負けない」 火曜イエロー・長田翔恩

<水曜日>
「東大変態、実況変態、気象予報変態まで“変態渋滞中”」 水曜ブラック・太田裕二
「いつも不発の一発ギャグ、今日こそ爆笑させてやる」 水曜レッド・奥谷知弘
「インフルエンザ、ノロウイルスで2度のダウン、その筋肉は見せかけか?」 水曜ブルー・朝日奈寛

<木曜日>
「特技はスキージャンプ、飛び越えた“ムチャぶり”のラージヒル」 木曜ブラック・竹内寿
「男は黙って路線バス、横須賀が生んだスーパースター(仮)」 木曜レッド・青木一馬
「ゴリラもヤギと友達に、ダーウィンも驚く進化論」 木曜ブルー・山形匠
「そのかわいさは借り隊一、フルーツ大好き19歳」 木曜イエロー・山下永玖

それぞれのキャラクターが分かるキャッチフレーズとともに登場した借り隊メンバーに、客席からは大きな拍手が起こった。一方、アシスタントの岡村帆奈美アナウンサー扮(ふん)する特攻服に身を包んだ女総長“鬼村帆奈美”も現れ、「お前ら気合入っているかどうか今日も見に来てやったんだよ!」と盛り上げた。

イベントは山形と鬼村の進行でこの1年を振り返る、「MCが選ぶ猫ひた5大ニュース」の発表へ。第5位は月曜日から、視聴者のお便りに「いただきます」と言う八神の珍行動が、第4位は木曜日から、普段はおとなしい性格の山下がロケ中に“パリピ”に豹変したニュースがランクイン。第3位は水曜日から「借り隊のやってみよう」のサッカー企画で、朝日奈の蹴ったボールが岡村アナの顔面を直撃したハプニング。第2位は火曜日から、阿波踊りを披露していた赤澤の前に割り込んだ大矢が、赤澤に押されてわざと転倒する映像を紹介。すると赤澤が「あれはリハーサルで大矢くんに“もっと強くやって”って命令されたからやったのに、誤解されて僕への叱責がたくさん来てしまった」と抗議する一面も。堂々の第1位も火曜日から“小林がハチに刺されてしまったニュース”。小林がロケで養蜂場に出向いたところ、ハチに耳たぶを刺される事態が起きた。一方で証拠映像にはハチに刺された小林を笑う大矢の姿が。大矢は「だって、面白かったんだもん」と悪びれる様子もなく、山形が「1位と2位が大矢のニュースになってしまいました」と締めた。

続いて、「優勝チームには、ご褒美ロケとバッジ100個やるぞ!」の鬼村の掛け声とともに曜日対抗企画へ。借り隊が観客席を歩き回り、クジャクの羽に見立てた洗濯ばさみをどれだけ多くつけてもらえるかを競う「借り隊クジャク対決」では火曜チームが勝利し、タグラグビーを基にした“サムライラグビー”対決ではMCも交えて激戦が展開され、月曜チームが勝利した。

ラストの「爆走劇対決」では各曜日チームが走りながら芝居対決を。月曜チームは5人でランニングをする中で中村のツッコミを交え、石原が走りながらこま回し、谷水がトランプマジックに挑戦。火曜チームは生放送に遅刻しそうな借り隊が、車でtvkに向かう小林を追いかける設定で、木曜チームは藤田に普段“ムチャぶり”をされているメンバーが、走りながら彼に指示を出して仕返しを試みるという内容で劇を披露。ラストの水曜チームは、トイレを探して奥谷が走り始めるシーンで始まり、この日は欠席の北川尚弥が映像で出演。さらには昨年9月のイベント「出張猫ひたガーデニング部」で登場した三上と太田のデュオ“みず”が弾き語りを披露する展開になった。結果、芝居対決は観客の反応により火曜チームが勝利した。

全ての種目が終了し、優勝は火曜チームに決定。番組3年目にして初めての優勝となった。小林は「火曜日は3月で3人卒業してしまうから、絶対に優勝を獲りたかった、本当にうれしい。ありがとう」とメンバーに感謝の言葉を伝えた。(【後編】はこちらをチェック)