センバツ初日に星稜ー履正社戦 組合わせ抽選会

©株式会社日刊現代

センバツ初日に星稜ー履正社戦 組合わせ抽選会

17 Photos

15日、第91回選抜高等学校野球大会(阪神甲子園球場にて23日開幕)の組み合わせ抽選が行われた。優勝候補の呼び声高い星稜(石川)は、初日の第三試合で履正社(大阪)との対戦が決まった。その他では、プロ注目の及川雅貴投手擁する横浜(神奈川)は2日目の第二試合に明豊(大分)と対戦。昨秋の関東大会を制した桐蔭学園(神奈川)は5日目の第三試合で啓新(福井)と対戦する。また選手宣誓は全主将によるくじ引きで、広陵(広島)の秋山功太郎主将に決まった。

組み合わせ抽選に入る前の緊張した雰囲気

組み合わせ抽選に入る前に、各ブロック毎に記念撮影。北海道ブロック、札幌大谷・飯田主将(左)と、札幌第一・大平主将(右)

東北ブロック。八戸学院光星・武田主将(左)と、盛岡大付・及川主将(右)

関東・東京ブロック。(上段左から)春日部共栄・石崎主将、習志野・竹縄主将、横浜・内海主将、桐蔭学園・森主将。(下段左から)山梨学院・相澤主将、石岡一・酒井主将、国士舘・松室主将

東海北信越ブロック。(左から)東邦・石川昂弥主将、津田学園・石川史門主将、星稜・山瀬主将、啓新・穴水主将

近畿ブロック。(上段左から)福知山成美・岡田主将、履正社・野口主将、明石商・重宮主将、市和歌山・米田主将。(下段左から)龍谷大平安・水谷主将、智弁和歌山・黒川主将

中国・四国ブロック。(上段左から)高松商・飛倉主将、富岡西・坂本主将、松山聖陵・根本主将。(下段左から)米子東・福島主将、呉・上垣内主将、広陵・秋山主将

九州ブロック。(上段左から)大分・足立主将、明豊・表主将、日章学園・福山主将。(下段左から)筑陽学園・江原主将、熊本西・霜上主将

初出場校での撮影

21世紀枠の3校

報道陣のリクエストで撮影に臨む、星稜・山瀬主将(左)、智弁和歌山・黒川主将(中央)、履正社・野口主将(右)

1回戦全16カードの組み合わせはご覧の通りに決まった

選手宣誓は広陵(広島)の秋山功太郎主将がクジを引き当てた

優勝候補筆頭の星稜(石川)は1回戦で履正社と対戦。握手する履正社・野口海音主将(左)と星稜・山瀬慎之助主将(右)

横浜(神奈川)は2日目第二試合では明豊(大分)と対戦。明豊・表悠斗主将(左)と横浜・内海貴斗主将(右)

桐蔭学園(神奈川)は5日目の第三試合で啓新(福井)と対戦。啓新・穴水芳喜主将(左)と桐蔭学園・森敬斗主将(右)

撮影:稲葉訓也

撮影日:2019年03月15日