小澤征爾さんがオペラ指揮、京都

若手演奏家を育成

©一般社団法人共同通信社

小澤征爾音楽塾のオペラ公演で、観客にあいさつする小澤征爾さん=15日午後、京都市

 指揮者の小澤征爾さん(83)が塾長・音楽監督を務める「小澤征爾音楽塾」のオペラ公演が15日、京都市左京区のロームシアター京都で開かれ、小澤さんは元気な様子で若手演奏家で編成されたオーケストラを指揮した。

 演目は、ビゼー作曲の「カルメン」。演奏時間が長いため、小澤さんは一部のみ担当した。にこやかな表情で観客にあいさつした後、序曲を約4分間、力強い動きで指揮し、奏者を引っ張った。

 同音楽塾は、世界に通用する若手演奏家を育てようと、海外から招いた一流の歌手や演出家と共にオペラ公演を開くプロジェクト。2000年に始まり、昨年は小澤さんが体調不良で降板した。