ブラジル代表、26歳の左SBを緊急初招集!マルセロは呼ばれず…

©株式会社コリー

今月末に控えるインターナショナルマッチウィーク。ブラジル代表はパナマ、チェコとフレンドリーマッチを戦う。

そのブラジル代表はアトレティコ・マドリーDFフィリペ・ルイスに代わり、ポルトDFアレックス・テレスを招集すると発表した。

海外の日本代表最新情報、Jリーグ超ゴールはこちら

フィリペ・ルイスは左のふくらはぎを痛めており、今回の代表戦には間に合わないと判断されたためだ。

アレックス・テレスは26歳の左サイドバック。インテルでのローン移籍ではインパクトを残せなかったが、2016年に移籍したポルトでは一貫してハイパフォーマンスを見せている。

ブラジル代表の左サイドバックといえば、マルセロ(レアル・マドリー)が長らく支配してきたが、彼はワールドカップ以降招集されていない。『Globo』でも、「マルセロが今夏のコパ・アメリカでプレーするチャンスはほとんどないだろう」と伝えている。

【関連記事】なぜ?代表チームから過小評価されている名選手たち

現時点ではフィリペ・ルイスとアレックス・サンドロ(ユヴェントス)がその座を争っているセレソンの左SB。そこにアレックス・テレスは割って入ることができるだろうか。