東京メトロ、ワンマン列車運転士にもiPad導入 案内サービス充実図る

©Traicy Japan Inc,

東京地下鉄(東京メトロ)は車内における案内の充実を目的として、iPadを活用した案内を3月16日からワンマン運転路線でも開始する。

同社では案内のサービス品質向上、外国人旅客への対応強化、社員間の迅速な情報共有を図るため、2010年からサービスマネージャー、2015年から駅社員、2018年から車掌がそれぞれiPadを活用した案内を行っている。3月16日からは新たにiPad約300台を導入し、ワンマン運転を実施している路線の運転士に配布。車内放送等に活用することで、更なるサービス品質の向上を図る。導入路線は丸ノ内線、南北線、副都心線と有楽町線の和光市〜小竹向原間および千代田線(北綾瀬支線)の北綾瀬〜綾瀬間の3両編成列車。

また、乗務員が使用するiPadに、乗務員が開発した多言語異常時案内アプリを搭載し、外国人旅客への案内強化に取り組む。