観光通りで花のトンネル 鮮やかに あすまで

ながさきグリーンキャンペーン

©株式会社長崎新聞社

 色鮮やかな鉢花などを販売する「ながさきグリーンキャンペーン」が15日、長崎市浜町のベルナード観光通りで開幕。若者にもアピールしようと、今回初めて写真映えのするスポットとして「花のトンネル」と、鉢花をハート形に配置した「ハートフラワー」を設置した。17日まで。
 市や園芸業者らでつくる実行委が毎年開き、33回目。鉢花や果樹の苗木の即売やガーデニング相談などがある。
 「花のトンネル」は長さ8メートル。カーネーションやカスミソウなどの花束を飾り付けている。15日は市立中央保育所の21人が開幕イベントに参加。江川穂(すい)ちゃん(6)は「赤い花を飾って楽しかった」と笑顔を見せた。
 16日は来場者も「花のトンネル」の飾り付けに参加でき、17日午後2時からはトンネルを彩った花束を来場者にプレゼントする。

花のトンネルを飾り付ける子どもたち=長崎市、ベルナード観光通り