あす(17日)にかけても 不安定な空模様続く

©株式会社サニースポット

きょう(16日)は日本列島の上空約5500mに氷点下30℃以下の強い寒気が流れ込んでいるため、大気の状態が非常に不安定となっています。午前中は西・東日本の所々で発達した雨雲や雷雲が発生しました。

午後は西日本で天気は安定してきますが、北陸や関東南部は午後も雨の降る所がありそうです。急な雨にご注意ください。

あす(17日)は日本海に寒気を伴った低気圧が発生し、北陸から関東を通過するでしょう。午前中は山陰や北陸を中心に雨が降り、山沿いは雪になりそうです。午後も北陸を中心に雨や雪が降り、東海や関東は変わりやすい空模様です。午前中は晴れていても、午後は急な雷雨に注意が必要です。

「空が急に暗くなる」、「雷の音が聞こえる」、「急に冷たい風が吹く」などこれらの変化を感じたら、発達した積乱雲が近づいているサインです。急な強い雨や落雷、突風の発生するおそれがありますので、すぐに頑丈な建物に避難するようにしてください。