【プレミアリーグ】不調のチームらと対戦するチェルシーとリバプール 勝利を手にしライバルにプレッシャーを与えろ! 第31節プレビュー 〜Part1〜

©株式会社 LIVE SPORTS MEDIA

FAカップの日程により、今週のプレミアリーグは5試合行われる。チェルシーやリバプールにとって、勝ち点3を獲得してライバルにプレッシャーを与えるチャンスだ。

【プレミアリーグ】忘れ去られたドリンクウォーター…恩師ラニエリ率いるローマに移籍か

UEFAチャンピオンズリーグ出場権争いから一歩後退しているチェルシーは、アウェイでエバートンと対戦する。ゴンサロ・イグアインが体調不良で欠場の可能性があるものの、エバートン戦はリーグ直近6試合で負けなしと相性のいい相手だ(3勝3分)。さらに、敵地グディソン・パークでは2戦無敗で、2008年以来の3戦負けなしを目指す。またエバートンはプレミアここ8試合でわずか1勝しか挙げておらず、“ビッグ6”との対戦では2017年1月から勝利できていない(7分18敗)。

チェルシーはアウェイでエバートンと対戦

【チャンピオンズリーグ】ユナイテッドvsバルサにイングランド勢対決…準々決勝組み合わせが決定!

首位マンチェスター・シティを勝ち点差「1」で追いかけるリバプールは敵地レイヴン・コテージでフラムとの一戦に臨む。同カードでリバプールは5連勝中で、最後に負けたのは2012年5月まで遡る(0-1)。さらにリバプールは、昇格組相手に直近11試合で負けておらず(10勝1分)、現在8連勝中だ。またモハメド・サラーは昇格組にここ8試合で12ゴールに関与(6ゴール6アシスト)。サディオ・マネはプレミアで前節ホームの場合8戦8ゴールを挙げている。

昇格組相手に好成績を残しているリバプール