少年ら4人を強盗容疑で逮捕

警視庁、被害者は元KKC会長

©一般社団法人共同通信社

 東京・上野の事務所兼住宅で「350億円持っているだろう」と78歳の男性を脅し、現金約12万円入りの財布などを奪ったとして、警視庁捜査1課は16日までに、強盗と住居侵入の疑いで自称福岡、佐賀両県に住む18~20歳の男女4人を逮捕した。被害者は1990年代の「経済革命倶楽部(KKC)」の巨額詐欺事件で有罪判決を受けた元会長。逮捕は15日。

 KKCは約1万2千人から計約346億円を集めたとされ、今回の要求額が近いことから捜査1課は関連を調べる。

 4人は、いずれも職業不詳で福岡市西区、居石温佳容疑者(20)と、福岡県在住で19歳の少年2人、佐賀県の少年(18)。