日米両政府に辺野古断念求め決議

投票を踏まえ沖縄県民大会

©一般社団法人共同通信社

沖縄県民大会で「民意は示された!」のメッセージを掲げ、名護市辺野古沿岸部の埋め立てに反対する参加者=16日午後、那覇市

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古移設に反対する「県民大会」が16日、那覇市で開かれた。主催者発表で1万人超が参加。有効票の7割超が辺野古沿岸部の埋め立てに反対した2月の県民投票を踏まえ、日米両政府に対し、辺野古の新基地建設を断念した上で普天間の運用を即時停止し、撤去を求める決議を採択した。

 決議は、埋め立てを進めている場所とは別の区域で政府が今月25日に新たな土砂投入をしようとしていることを批判。埋め立て予定海域の一角で軟弱地盤が見つかったことも引き合いに「民意を無視しての強行は、民主国家として恥ずべき行為で断じて許せない」と指弾した。