京都、栃木との上位対決破れる 滋賀大敗し連勝止まる、Bリーグ

©株式会社京都新聞社

 バスケットボール男子のBリーグは16日、宇都宮市体育館などで9試合を行い、西地区2位の京都ハンナリーズは60―92で東地区2位の栃木との上位対決に敗れた。滋賀レイクスターズ(西地区5位)は47―103で富山(中地区4位)に大敗し連勝が3で止まった。

 京都は栃木に49リバウンドを奪われ、60得点にとどまった。滋賀は第2クオーターにダーラムが、プレーに関係のない場面でのテクニカルファウルを続けて取られ退場となったことが響いた。

 東地区首位の千葉は39勝7敗、2位の栃木は38勝8敗となり、上位8チームによるプレーオフのチャンピオンシップ(CS)進出をそろって決めた。

 CSは4月25日に始まり、決勝は5月11日に横浜アリーナで行われる。