「グッドワイフ」撮了! 常盤貴子ファンの小泉孝太郎「さよならするのが寂しい!」

©株式会社東京ニュース通信社

3月17日に最終回を迎えるTBS系連続ドラマ「グッドワイフ」(日曜午後9:00)が全撮影を終了した。主人公の弁護士・蓮見杏子役の常盤貴子は、今作が19年ぶりの「日曜劇場」枠での主演だったが、「あまりにも連続ドラマが久しぶりだったので、自分がどういう状態になるのか分からなくて不安ばかりだったのですが、毎日こんなに笑っていられるんだなって思うくらい、すごく楽しい日々でした」と笑顔でクランクアップの喜びを語った。

ドラマは、出産を機に専業主婦となっていた杏子が、夫の壮一郎(唐沢寿明)が汚職容疑で逮捕され、子どもたちを守るために16年ぶりに弁護士に復帰するストーリー。最終回では、疑惑を晴らした壮一郎が杏子との関係を疑う多田征大(小泉孝太郎)を起訴した真意が明らかになり、「神山多田法律事務所」の存続の危機の中で、杏子が“一筋の手段”を手繰り寄せる。そして最後は、杏子が妻として女性として大きな決断を下すことになる。

クランクアップでは、学生のころから常盤のファンだと公言している小泉が「寂しいです! 常盤さんとさよならするのが!! 夢のような時間でした」と常盤との別れを惜しむと、唐沢が「また共演すればいいじゃん!」とツッコミ、集まったキャスト・スタッフから笑いが起きる場面も。

唐沢は「今はさまざまな形で評価される時代ですけど、それ以上にいい作品を作っているという実感は表れていると思うので、俳優もスタッフも負けないように、これからもっともっと戦っていかないと」と力強く訴え、「久々にいいこと言っちゃったなと戸惑う僕でした」と照れ笑いを浮かべていた。