他人の車で酒気帯び、自衛官を逮捕 容疑を否認

©株式会社新潟日報社

 新潟署は16日、道交法違反(酒気帯び運転)の疑いで、陸上自衛隊新発田駐屯地の自衛官の男(26)=新発田市=を逮捕した。

 逮捕容疑は16日午前10時半前、新潟市中央区沼垂東の国道で酒気帯びの状態で普通貨物車を運転した疑い。

 新潟署によると、男は「飲酒運転したかどうか分からない」と容疑を否認している。運転していた車は、鍵を付けたまま路上に止まっていた他人名義の車だったといい、詳しい経緯を調べている。

 男は中央分離帯に衝突する自損事故を起こし、目撃した人が110番通報。基準値を超えるアルコールが検出された。