高校生がオスロ訪問を報告、長崎

「若者の協力で非核化を」

©一般社団法人共同通信社

ノルウェー・オスロでの活動を報告する山口雪乃さん(左)と中村涼香さん=17日午後、長崎市

 核兵器廃絶署名を国連機関に届ける「高校生平和大使」の活動を世界にアピールするためノルウェー・オスロを訪れていた高校生が17日、長崎市で報告会を開いた。同市の活水高1年山口雪乃さん(16)は、現地の高校生らが取り組みに関心を持ってくれたとし「若者同士が協力することで、非核化の活動が濃くなると感じた」と話した。

 山口さんは、オスロの高校で議論した際、被爆した祖父に関する質問が多く寄せられ、「私たちも平和大使になれるか」と尋ねる生徒もいたと明らかにした。