ヴィクトリーナ姫路がV1昇格 V2優勝

©株式会社神戸新聞社

姫路-JAぎふ 第2セット、スパイクを放つ姫路の浅津(中央)

 バレーボールのVリーグ2部(V2)は17日、山形県の酒田市国体記念体育館で女子6チームによるプレーオフ「ファイナル6」の最終戦が行われた。レギュラーラウンド1位のヴィクトリーナ姫路は3-0で同2位のJAぎふリオレーナにストレート勝ちし、初優勝と来季の1部(V1)昇格を決めた。

 姫路は2016年に発足し、プロ契約の選手と指導者で構成。女子日本代表前監督の真鍋政義氏(55)がゼネラルマネジャー(GM)、元日本代表セッターでロンドン五輪銅メダリストの竹下佳江氏(40)が監督を務めている。

 昨秋に開幕した新リーグ「Vリーグ」に初参戦した姫路は、レギュラーラウンドを17勝1敗の1位で通過。プレーオフでは3連勝の後、16日の群馬銀行グリーンウイングス戦で黒星を喫したが、17日は勝ち点15の首位で並んでいたJAぎふとの直接対決を制した。(金山成美)