日産、統治報告で27日会見

新体制づくり本格化へ

©一般社団法人共同通信社

 日産自動車がカルロス・ゴーン前会長の事件を受け設置した「ガバナンス(統治)改善特別委員会」は17日、統治機能の強化を提言する最終報告書の記者会見を27日に開くと発表した。日産は報告書を踏まえて新体制づくりを本格化する考えで、今後議論が加速しそうだ。

 会見は統治委の共同委員長を務める弁護士の西岡清一郎氏、前経団連会長の榊原定征氏が出席する予定だ。関係者によると、報告書には、社外取締役を増やし、取締役会議長を社外取締役が担うなどの内容を盛り込む方向で調整している。