白骨化した乳児3人の遺体、秋田

70代の男性宅の敷地内

©一般社団法人共同通信社

乳児3人の遺体が見つかった作業小屋=17日夕、秋田市

 秋田東署は17日、秋田市の70代の男性宅の敷地内で、乳児3人の遺体が見つかったと発表した。遺体はほぼ白骨化しており、司法解剖をしたが死因や性別などは分からなかった。死体遺棄事件として調べている。

 同署によると、遺体は16日午後2時ごろ、作業小屋の掃除をしていた40代の息子が小屋の2階で見つけ、男性が署に通報した。段ボールの箱などに分けて入れられ、いずれも死後数年が経過したとみられる。

 男性宅では息子の他に40代の娘と、その息子に当たる10代の孫が暮らしている。息子には40代の妻がいたが、子どもはおらず、妻は昨年病死した。