岡山リベッツ、初代王座ならず Tリーグファイナルで東京に屈す

©株式会社山陽新聞社

 卓球の新リーグ「Tリーグ」の上位2チームで争うファイナルが17日、東京・両国国技館で行われ、男子でレギュラーシーズン2位の岡山リベッツは1位の東京に1―3で敗れ、初代王座獲得はならなかった。

 リベッツは第1試合のダブルスで、リーグ最多勝でチームをけん引してきた上田仁、森薗政崇組が2―1で逆転勝ち。白星スタートを切ったものの、シングルスで世界選手権代表の吉村和弘、森薗らが敗れ、五輪メダリスト水谷隼や世界ランキング4位の張本智和らを擁する強豪に振り切られた。

 Tリーグは国内外のトップ選手を集め、男女各4チームで昨年10月に開幕。リベッツはレギュラーシーズン12勝9敗で2位に食い込み、ファイナルに進んだ。上田、森薗組はベストペア賞を獲得した。

ダブルスで逆転勝ちした岡山リベッツの森薗政崇(左)と上田仁=両国国技館