【Tリーグ】初代女王は日本生命レッドエルフに 早田ひな、大車輪の活躍

©株式会社ピンポン

写真:早田ひな(日本生命レッドエルフ)/撮影:ラリーズ編集部

<ノジマTリーグ2018/19シーズン プレーオフファイナル 3月17日(日)両国国技館>

17日、卓球新リーグ・ノジマTリーグ女子の年間チャンピオン決定戦「プレーオフファイナル」が行われ、日本生命レッドエルフ(以下、日本生命)がマッチカウント3-2で木下アビエル神奈川(KA神奈川)を下し、初代チャンピオンの栄冠を手にした。

石川・平野・早田、国内トップ選手が揃い踏み

プレーオフファイナルはベストメンバーで臨むことがルールに組み込まれているため、両チームには石川佳純(KA神奈川)や平野美宇(日本生命)、早田ひな(日本生命)といったスター選手が並んだ。

第1マッチには石川佳純/木原美悠ペア(KA神奈川)と常晨晨/蒋慧ペア(日本生命)が登場。第1ゲームを奪われながらも日本生命ペアがフルゲームデュースの接戦を制し、貴重な先制点をあげた。

続く第2マッチでは杜凱琹(KA神奈川)と平野美宇(日本生命)が対戦し、激しいラリー戦で会場を盛り上げた。勝負はダブルスに引き続きフルゲームまでもつれ込んだが、杜が接戦をものにし、KA神奈川がマッチカウントを1-1のイーブンに戻した。

ハーフタイムをはさんだ第3マッチでは、Tリーグシングルスの個人成績で2位の袁雪嬌(KA神奈川)と、3位の早田ひな(日本生命)が対峙した。パワーが持ち味の両者の対戦は互いに一歩も譲らぬ激戦となったが、フルゲーム19-17の末に、早田に軍配があがった。これで日本生命が初代女王に王手をかけた。

第4マッチには、後がないKA神奈川からは石川佳純が登場。日本生命は前田美優に望みを託した。第1ゲームから第3ゲームまでデュースにもつれ込む接戦になったが、粘り強くデュースを2ゲーム制した石川が第4ゲームも奪って3-1で勝利。この勝利でKA神奈川はマッチカウントを2-2に持ち込んだ。

マッチカウント2-2になった際に行われる1ゲーム限りの延長戦(ヴィクトリーマッチ)には、第3マッチで激闘を繰り広げたばかりの袁と早田が起用された。一進一退の展開で6-6までカウントが進んだが、ここで早田が2ポイント連取。袁はたまらずタイムアウトを取得したが、早田の勢いを止めることはできず、そのまま早田がマッチポイントを握る。最後は早田が袁のミスを誘い、勝利を飾った。この瞬間、日本生命レッドエルフという初代女王の誕生に、両国国技館が沸いた。

スコア詳細

KA神奈川 2-3 日本生命
石川佳純/木原美悠 1-2 ○常晨晨/蒋慧
11-8/7-11/11-13

○杜凱琹 3-2 平野美宇
11-5/6-11/14-12/7-11/11-9

袁雪嬌 2-3 ○早田ひな
8-11/11-9/9-11/11-3/17-19

○石川佳純 3-1 前田美優
12-10/10-12/12-10/11-5

袁雪嬌 0-1 ○早田ひな
7-11

文:ラリーズ編集部