<レスリング>3.1~3西地区研修会レポート(西日本学生連盟)

©公益財団法人日本レスリング協会

(文:下地涼太=西日本学生レスリング連盟、近畿大)


※3月1~3日に福岡大で行われた西日本の学生研修会のレポート

DSC_2053

【3月2日(土)午後】
実技「レスリングの技術」と合同練習
技術指導:清水博之氏=グレコローマン、前田翔吾氏=フリースタイル

 グレコローマンスタイルは、スタンドでの構えや組手など教えていただき打ちこみを交えながら教えてもらった技術を試しました。

 フリースタイルは、技をいくつか教えていただき二人組で技の確認をしました。

 今日教えてもらったことが今日のうちにできるわけではないので、日々の練習で続けていくこと、今回の合宿だけでなく各大学に戻ってからも練習することが大切であると教わりました。何事も積み重ねることで上達していくのだと思いました。


**

【3月3日(日)午前】**
実技「レスリング技術練習」と合同練習

 グレコローマンスタイルはグランド、寝技の技術を教えていただき、技術を一通り教えてもらい、その技術を使いながら攻防を行いました。

 フリースタイルは、2日目に教えていただいた技術の復習をして、1分の攻防を行いました。教えるだけでなく、意見を聞きそれについて答えることで自分も学ぶことができる、また、ただ教えるだけでなく考えることも大切であると教わりました。

 各大学が集まり互いに学びながら成長できることはなかなか機会がありませんが、西日本研修会では、互いに知らない各大学の友好も深めることができたと思います。