フロアにダメージを抱えて走ったハミルトン「スタートで勝利を失い、戦略で苦しんだ」:メルセデス F1オーストラリアGP日曜

©株式会社サンズ

 2019年F1オーストラリアGP決勝で、メルセデスのルイス・ハミルトンは2位だった。レース終了数時間後、チームはハミルトンのマシンにダメージが見つかったことを明かし、「フロアの左リヤタイヤのすぐ前の位置にダメージがあることを発見した。フロアが大きく破損していた原因はまだ完全には明らかになっていない」との声明を発表している。

■メルセデス-AMG・ペトロナス・モータースポーツ
ルイス・ハミルトン 決勝=2位
 チームのために喜ばなければならないね。バルテリ(・ボッタス)は素晴らしいレースをしたから、優勝に値する。1-2を達成できたので、チームにとってとてもいいレースだった。

 僕のレースについて言えば、スタート直後に(チームメイトのボッタスに抜かれて2番手に落ちた瞬間に)ほとんど結果は決まったようなものだった。マシンを無事にチェッカーまで持っていき、1-2を達成することを目指すだけだった。そういう意味で、単純なレースと言えるかもしれない。

(セバスチャン・ベッテルをカバーしようとするチームの判断に従って)僕はかなり早い段階でタイヤ交換をしなければならなかったので、後半はものすごく長いスティントを走る必要があった。タイヤをチェッカーまで持たせるために、かなりペースを抑えて走らざるを得なかった。