B2ロボッツ競り勝つ 八王子に81-77

©株式会社茨城新聞社

バスケットボール男子のBリーグ2部(B2)は17日、つくばカピオなどで9試合が行われ、茨城ロボッツは八王子に81-77で競り勝った。通算成績32勝17敗、順位は東地区2位のまま。同首位の群馬とのゲーム差は変わらず4。

ロボッツは12点を追う第2クオーター、守備から流れをつかんで攻撃につなげた。同点で迎えた第4クオーターはシーソーゲームになったが、福沢の3点シュートなどが要所で決まった。

東地区1位の群馬はFE名古屋に96-94で競り勝ち、36勝13敗。

■茨城ロボッツ・岡村SVC 気持ちこもった試合

きのう(16日)はインサイドで戦えていない部分があったが、きょうは久保田がインサイドで外国人と戦ってくれ、コナー(・ラマート)もスクーティー(ランダル)も戦ってくれたおかげで気持ちのこもったいい試合になった。この接戦で勝てたことは力になっていくと思う。

■茨城ロボッツ・福沢 ノーマークつくれた

(3点シュート成功率62.5%、5本成功と好調)走ってノーマークをつくって、思い切って3点シュートを打てた。後半、2本連続で外した場面があった。最後決められたのは良かったが、あそこで決めておくともっと良かった。

(つくばカピオ、1644人)
茨城 32勝17敗 81-77 八王子 10勝39敗
9-21
24-15
24-21
24-20

西宮 27勝22敗 71-53 香川 14勝35敗
福島 21勝28敗 86-74 信州 39勝10敗
島根 36勝13敗 90-66 広島 29勝20敗
金沢 19勝30敗 85-79 青森 12勝37敗
東京Z 17勝32敗 76-75 愛媛 18勝31敗
群馬 36勝13敗 96-94 FE名古屋 32勝17敗
熊本 35勝14敗 115-86 奈良 16勝33敗
仙台 30勝19敗 77-69 山形 18勝31敗