【ダイソー】ネギカッターの使い道は白髪ねぎだけじゃない!

©日本食糧新聞社

役立つ100均グッズを紹介するシリーズ、今回は「ネギカッター」です。ひょんなことからこのネギカッターを手に入れたたべぷろ編集部員Sが、実際に使ってみた感想は「こやつ、なかなかやるな…」。その実力をたっぷりと紹介します。

「らく~に白髪ねぎができる」100均グッズ

前回の記事はこちら
【ダイソー】面倒な小麦粉まぶしがササッとできる100均グッズ!キッチンを汚さず便利

ダイソーなど100均でよく見る「ネギカッター」。白髪ねぎを簡単に作れるというグッズですが、「白髪ねぎなんてそんなしょっちゅう食べないしなあ…」と、買うのをちゅうちょしていた編集部員S。

しかし、ある日なぜかキッチンの引き出しの中に「ネギカッター」を発見!なんと、買ったのは夫(43)でした。深夜に帰宅する夫の密かな(?)楽しみはDVDや録画を観ながらの「一人飲み」なの(らしい)ですが、レトルトや缶詰の格安つまみをワンランク上にして楽しむために購入したとのことでした。

あるなら使わない手はない!しかもこのグッズ、めんどうくさい白髪ねぎだけでなく、めんどうくさいネギのみじん切りやめんどうくさいごぼうのささがき、めんどうくさい肉の筋切り、そのほか、ナスやこんにゃく、イカなどに入れる格子状の切れ目、味のしみ込みをよくするため大根の隠し包丁、焼きソーセージの切込み、などなど、いろいろなものに使えることが判明!よくやった夫!

カッターの刃が並んでいるような形状。結構切れるので扱いにはお気をつけてください

気持ちいい!面白いくらい白髪ねぎがじゃんじゃんできちゃう

ということで、まずは本来の使用目的である白髪ねぎに挑戦。

根元を切り落とし、お好みの白髪ねぎの長さに合わせ、白い部分に優しくシャーシャーと筋を入れます。

白髪ねぎにした部分を切り落として中の芯を取り除きましょう(芯の部分はお味噌汁などに使えます)。

あっという間にこんなにたくさん!水にさらして料理に盛り付けてください。

みじん切りの場合はもう少し力を入れて中央部分まで刃を通し、あとは包丁で端からザクザクきっていくだけ。

たくさん作って冷蔵庫や冷凍庫で保存しておけば、欲しい時にぱっと使えます。

ラーメンにトッピング 子どもにはみじん切りを辛味抜きして

みんな大好きなラーメンに!

白髪ねぎ盛りすぎて麺が見えない…笑

娘(5)はネギが苦手なので、みじん切りしたものを辛味を抜いて使いました。

※辛味抜きの方法はこちらを参考にしています。

薬味ねぎ・刻みねぎの切り方のコツと保存:白ごはん.com

とろみのあるスープだったので、細かいネギが麺とスープとよく絡んで嫌がることなく一気に完食、麺を追加しました。「ふーー、食べた~…」とお腹をさすっていましたよ。寒い日のラーメン、最高ですよね(笑)。

豚の角煮にも! これは白いご飯はもちろん、ビールのお伴としても最高です。

ゴボウのささがきもストレスレスに美しい仕上がりに♪

次に、ゴボウのささがきに挑戦。いつも大きさや厚さがまちまちになってしまいます。飽きっぽくせっかちな編集部員Sの場合、特に最後の方は雑になっていきます。

筋を入れていきます。ネギの時よりも力がいりますので、お手元に気を付けて!

後は包丁でこそいでいくだけ。

こんなに均一に薄くて美しいささがきができたのは初めてです。しかも短時間で!
たっぷり300グラムをささがきにして、牛肉と甘辛煮にしました。

ゴボウのしゃきしゃきした食感がよく、いつになく美味しくできました♪

おでんのこんにゃくやソーセージにも!

寒い日はおでん!おでんと言えばしみしみの大根とこんにゃくです。

隠し包丁も楽々&美しく。

こんなに細かい線、包丁ではなかなかできません。

だし汁しみしみでジューシー!

ソーセージの切り込みにも。

火の通りも早いです。

どうです?なかなかやるでしょ、ネギカッター。アイデア次第でほかにもいろいろ使い方がありそうです。お試しあれ~!