一発攻勢で逆転 マリナーズが巨人を破る イチロー無安打

©MLB Advanced Media, LP.

【マリナーズ6-4巨人】@東京ドーム

日本時間3月18日、マリナーズはプレシーズンマッチで巨人と対戦。6回終了時点で1対3と2点のビハインドを背負っていたものの、7回以降にミッチ・ハニガー、ジェイ・ブルース、ディー・ゴードンと3本のホームランが飛び出し、6対4で逆転勝利を収めた。マリナーズのイチローは「9番・ライト」で先発出場。東京ドームの大観衆から大歓声を浴びていたが、バットから快音は聞かれず、3打数ノーヒットに終わった。

マリナーズの先発はマイク・リーク。初回にブルースの犠牲フライで先制点をプレゼントしてもらったリークは、2回裏一死二・三塁のピンチこそ無失点で切り抜けたものの、3回裏一死二塁から坂本勇人にセンターへのタイムリーを浴び、同点に。さらに4回裏には中島宏之にタイムリー、5回裏には坂本に左中間へのソロ本塁打を浴び、5回6安打3失点という内容で降板となった。

一方、マリナーズ打線は、初回にブルースの犠牲フライで先制したものの、その後は巨人先発の今村信貴を打ちあぐね、5回までわずか5安打1得点。しかし7回表、巨人2番手の田口麗斗が2イニング目に入ったところを捉え、ゴードンの内野安打のあとにハニガーがセンターへ2ランを叩き込んで同点とすると、一死二塁からブルースが左中間へ2ランを放ち、一気に試合をひっくり返した。

さらに8回表には、巨人3番手の宮國椋丞からゴードンが右中間へソロ本塁打を放って6対3。その後、9回裏に5番手のロエニス・エリアスが二死三塁のピンチを招き、坂本のタイムリー二塁打で1点を失ったものの、後続を抑えて6対4で逃げ切った。マリナーズ2番手のコリー・ギアリンが勝利投手、巨人2番手の田口が敗戦投手となり、最終回を締めくくったエリアスにはセーブが記録されている。

イチローは2回表の第1打席でセンターフライ(投手・今村)、4回表の第2打席でセカンドゴロ(投手・今村)、6回表の第3打席でショートゴロ(投手・田口)に倒れ、3打数ノーヒット。6回裏の守備で控え外野手のブレイデン・ビショップと交代し、ベンチに退いた。