競泳、瀬戸と大橋は3種目

日本選手権エントリー

©一般社団法人共同通信社

 日本水連は18日、競泳の日本選手権(4月2~8日・東京辰巳国際水泳場)のエントリーを公開、男子の瀬戸大也と女子の大橋悠依はともに200メートル、400メートルの個人メドレーと200メートルバタフライの3種目に登録した。

 男子平泳ぎでは小関也朱篤が50メートル、100メートル、200メートルの3種目に挑み、4月からトヨタ自動車の所属となる渡辺一平は100メートルと世界記録を持つ200メートルにエントリー。

 大会は世界選手権(7月・光州=韓国)の代表選考会となり、世界選手権の個人種目で優勝すれば2020年東京五輪の代表に決まる。不調が続く萩野公介は欠場する。