“ネクスト・ベイル”を確保せよ! 今夏トッテナムはフラムの18歳を獲得へ

©株式会社FACTORIES

トッテナムが獲得を狙うライアン・セセニョン photo/Getty Images

今季を補強ゼロでスタートしたことが話題を呼んだトッテナムだが、それでも現在3位と来季チャンピオンズリーグ出場権を狙える順位につけている。今季のチャンピオンズリーグでもベスト8に進出しており、補強せずともそれなりの結果は出せている。しかし、プレミアのトップ2チームとは勝ち点が10ポイント以上離れており、来季タイトルを狙うのであれば補強は必須だろう。

そこでトッテナムが今夏獲得を狙っているのがフラム所属の18歳、ライアン・セセニョンだ。セセニョンはフラムの下部組織出身でU-21イングランド代表にも選出されている。元はSBの選手だが最近ではFWとしても起用されており、そのポジション遍歴から国籍は違えど“ネクスト・ベイル”との呼び声も高い。

英『Daily Mirror』は、トッテナムはセセニョン獲得のために約5000万ポンドを用意しており、これに対してフラムが今季チームに投資した約1億ポンドを回収するため移籍を容認するのではないかと予想している。彼が降格濃厚なクラブとの契約延長に難色を示していることも根拠の1つだという。さらに同メディアは、セセニョンにはマンチェスター・ユナイテッドやパリ・サンジェルマンも獲得に動いていたが、本人がロンドンを離れる気がなく破談に終わったことも報じている。

これらの本人の希望やクラブの利益のことを考えると、最適解は今回報じられたトッテナム移籍といえるだろう。トッテナムはデンマーク代表MFクリスティアン・エリクセンやDFダニー・ローズの移籍が噂されている。もし彼らがいなくなったとしても、複数のポジションをこなせるセセニョンはフォーメーション次第で彼らの代役となれるはずだ。はたして、トッテナムはこの18歳のヤングスターを確保することができるのだろうか。