『バンブルビー』ヘイリー・スタインフェルド、最近は音楽漬けの毎日! 「今年中には…」

©株式会社J-WAVE

サッシャ、ヘイリー・スタインフェルド(中央はJ-me公式キャラクター「ジェイミー」)

映画『バンブルビー』の主演を務める女優/歌手のヘイリー・スタインフェルドさんが、3月22日の日本公開に先駆けプロモーション来日。3月12日、都内某所で行われたジャパンプレミアに登壇しました。その翌日には、J-WAVEの番組『STEP ONE』(月〜木 9:00-13:00)のナビゲーターのサッシャと対面を果たし、近況を明かしました。

【3月14日(木)のオンエア:『STEP ONE』SASCHA'S CHOICE】 http://radiko.jp/share/?sid=FMJ&t=20190314101312

過去5作品の全世界累計興行収入が43億7700万ドル(約5000億円)を突破する世界的大ヒットシリーズ『トランスフォーマー』。『バンブルビー』は、そのシリーズ最新作です。ヘイリーさんは本作で主人公チャーリーを演じるだけでなく、エンデイング・テーマ『バック・トゥ・ライフ』も担当。劇中でのバンブルビーとチャーリーとの心のつながりを思わせる歌詞がクライマックスで響き渡ります。ヘイリーさんにとって、出演作の楽曲を担当するのは、本作が初めてです。

2016年以来、3年ぶりに来日したヘイリーさん。前回はミュージシャンとしての来日だったということで、ゲストとしてJ-WAVEのスタジオに遊びにきてくれました。

【過去記事】ヘイリー・スタインフェルドがバスで後悔したこと

当時まだ19歳だったヘイリーさんは「美しい元気娘って印象だった」とサッシャ。今回再びお会いし、ヘイリーさんの成長に驚いたようで「22歳になり、役者としてもミュージシャンとしても人生経験を積んで、いい意味で落ち着きが出て素敵な雰囲気でした」と、再会を振り返ります。

最近は女優としての活動が目立つヘイリーさんですが、アメリカでは昨年12月に既に映画が封切られており、現在は音楽に専念しているのだとか。「最近はずっとLAで音楽制作をしているの。音楽漬けよ」とのことで、「今年中には何かしら形にしたい」と明かしました。

フルフォーカスで音楽と向き合っているヘイリー。将来的には「日本でツアーもやりたい」とのこと。どんな音楽を私たちに届けてくれるのでしょうか。今から待ちきれませんね! まずは3月22日公開の映画『バンブルビー』で、女優としてのヘイリーさんをぜひチェックしてみてください。

【この記事の放送回をradikoで聴く】
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

『バンブルビー (オリジナル・サウンドトラック)』

【番組情報】
番組名:『STEP ONE』
放送日時:月・火・水・木曜 9時−13時
オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/stepone/

【関連タグ】
STEP ONE   サッシャ   ヘイリー・スタインフェルド   映画   音楽