宇垣美里のフリー転身で思わぬ余波? 木村文乃が暴露!「悪い大人たちがセリフを足した」

©株式会社東京ニュース通信社

動画配信サービス・Paraviで3月22日から配信されるドラマ「SPECサーガ完結編『SICK’S 覇乃抄』~内閣情報調査室特務事項専従係事件簿~」の完成披露試写会が行われ、主演の木村文乃、共演の松田翔太、竜雷太、山口紗弥加、佐野史郎、TBSアナウンサーの宇垣美里が出席した。“ピーチ医者”こと植田もも子役の宇垣は3月末にTBSを退社してフリーになることが決まっており、演出の堤幸彦監督から「おめでとうございますと言っていいのかな?」と聞かれ、「新たな旅立ちをさせていただきます。とても円満です」と円満退社をアピールした。

同作は堤監督が演出を務めたTBS系の人気ドラマ「ケイゾク」「SPEC」シリーズの最新作で、昨年Paraviで配信された「SICK’S 恕乃抄」の続編。今作では“スペック”と呼ばれる特殊能力を持つ御厨静琉(木村)と、スペックが絡む事件に巻き込まれて警視庁公安部を追われた高座宏世(松田)が、某超大国と結託した宗教団体「インナープラネッツ」と謎に包まれた“ホリック”を巡る争奪戦を繰り広げるストーリーが描かれる。

宇垣の起用について、堤監督は「(宇垣が)朝のニュースに出ている時が、僕が家から仕事に出発する時間なんです。この人のアップを見ているうちに、今回の医者の役をやらせたいとプロデューサーに言ったんです」と告白すると、ドラマを制作する植田博樹プロデューサーも「続編があったらまた出ていただきますから。今度はちゃんとギャラは払います」と続投を明言。

また、主演の木村が、宇垣のフリー転身が決まったことでセリフが変更されるハプニングがあったことを明かし、「(もも子に対して)『自分のかわいさがよく分かっているな』というセリフがありまして、その後に悪い大人たちが『だから辞めたのか』というセリフを足しまして」と苦笑いで暴露する一幕もあった。

「覇乃抄」の配信に先立ち、TBSでは3月18~22日まで5夜連続で前作「恕乃抄」を地上波放送(深夜0:58、関東ローカル)することが決まっている。