連日の一発攻勢でマリナーズが巨人に連勝 イチロー快音なし

©MLB Advanced Media, LP.

【マリナーズ6-5巨人】@東京ドーム

日本時間3月18日、マリナーズは前日に続いてプレシーズンマッチで巨人と対戦し、6対5で連夜の逆転勝利を収めた。先発のフェリックス・ヘルナンデスが4回5失点(自責点4)と崩れ、劣勢を強いられたマリナーズだったが、前日と同様に試合終盤に反撃を開始。2点ビハインドの7回表にミッチ・ハニガーが特大の2ランを放ち、5対5の同点に追い付くと、8回表にはデービッド・フレイタスにバースデーアーチとなるソロ本塁打が飛び出し、勝ち越しに成功した。マリナーズは2連勝で巨人との対戦を終了。なお、「9番・右翼」で先発出場したイチローに快音はなく、3打数ノーヒットに終わった。

3回裏に守備のミスから巨人に先制を許したマリナーズは、直後の4回表に反撃。巨人2番手の坂本工宜から一死一・二塁のチャンスを作ると、オマー・ナルバエスのタイムリー二塁打で同点とし、さらに一死満塁となってティム・ベッカムのタイムリー二塁打で2点を勝ち越した。

しかし、先発のヘルナンデスが踏ん張れず、4回裏に3連打で1点差に迫られると、さらに一死満塁から田中俊太に左中間への2点タイムリー二塁打、炭谷銀仁朗にセンターへの犠牲フライを浴び、この回一挙4失点で巨人に逆転を許してしまった。

その後は両軍の投手陣が好投を続け、巨人が5対3と2点をリードしたまま試合は終盤に突入。7回表、マリナーズは巨人4番手の桜井俊貴からディー・ゴードンがライトへのヒットを放って一死一塁とし、ハニガーが看板直撃の特大アーチを左中間へ放って5対5の同点に追い付いた。さらに8回表には、30歳の誕生日を迎えたフレイタスが、巨人5番手の中川皓太からレフトスタンドに飛び込む勝ち越し弾。マリナーズ救援陣は5人の投手が各1イニングを無失点に抑える好リリーフを見せ、1点のリードを守り抜いた。

マリナーズ4番手のダン・アルタビラが勝利投手、巨人4番手の桜井が敗戦投手となり、マリナーズ6番手のチェイセン・ブラッドフォードはセーブを記録。イチローは3回表の第1打席で一塁ゴロ(投手・坂本)、5回表一死二・三塁のチャンスで迎えた第2打席で見逃し三振(投手・戸根千明)、7回表の第3打席でセンターフライ(投手・桜井)に倒れ、3打数ノーヒットでレギュラーシーズン開幕前最後の実戦を終えた。