トッテナムCL制覇へ向け追い風! 新スタジアムがやっとお披露目に

©株式会社FACTORIES

クリスタル・パレス戦でのお披露目が発表されたトッテナムの新スタジアム photo/Getty Images

プレミアリーグのトッテナム・ホットスパーは2016-17シーズンまで本拠地だったホワイト・ハート・レーンに別れを告げて以降、新スタジアムへ移行するまでの間ウェンブリー・スタジアムを代替のホームスタジアムとして使用している。ウェンブリーも“サッカーの聖地”と称されるほど素晴らしいスタジアムなのは間違いないが、日本でいう国立競技場の位置づけに近いためトッテナムサポーターからしたら本拠地感は薄いだろう。しかし、彼らはようやく仮住まいから本当の意味でのホームへと引っ越せるようだ。

トッテナムはクラブ公式サイトで「FAカップ準々決勝でブライトンがミルウォール戦に勝利したため、4月3日水曜日(現地時間)にプレミアリーグのクリスタル・パレス戦で新スタジアム初めての試合が行われます」と発表した。英『BBC』『talkSPORT』によると、新スタジアムのオープンは4月の1週目で決まっていたのだが、その週の試合日程がブライトンのFAカップの結果に依存していたという。そのこともあり、ブライトンのFAカップ準決勝進出が決まった現地時間17日に正式にアナウンスがなされたそうだ。また、オープン前には新スタジアムにおいてユースの試合やインテルOBとのレジェンドマッチといったテストイベントを開催することも伝えている。

本来であれば、新スタジアムは今シーズンの開幕から使用可能のはずだったが、工期の遅れやセキュリティ上の問題が発覚したためオープンが延期されていた。もう完成しないのではと危惧されていただけにサポーターはさぞ嬉しいことだろう。

トッテナムはリーグ戦において現在3位。上位2チームの背中は遠くなってしまったが、トップ4争いはいまだ白熱している。チャンピオンズリーグもベスト8進出を果たしており、4月9日に行われるマンチェスター・シティとの1stレグは新スタジアムでの開催となる。お披露目はだいぶ遅れてしまったが、新しい本拠地はシーズン終盤の重要な時期にトッテナムの追い風となるのだろうか。