車両不具合で列車4本に遅れ

JR、函館行き特急スーパー北斗18号

©株式会社室蘭民報社

 18日午後5時5分ごろ、JR室蘭線札幌―函館行き特急スーパー北斗18号(7両編成)で車両不具合が発生し、運転を取りやめた。乗客97人は後続列車に乗り換えた。4本が最大1時間24分遅れ、約200人に影響が出た。

 JR北海道によると、幌別―鷲別間を走行中、エンジンが停止する故障が発生し、安全確認のため緊急停止した。点検のため東室蘭まで走行させ別車両を手配した。複数搭載されているエンジンのうち1台に問題が発生したとみて、原因を調べている。