マリナーズ・サービス監督 イチローの開幕スタメン起用を明言

©MLB Advanced Media, LP.

バットから快音が聞かれず、打率0割台の不振に喘いでいるイチロー(マリナーズ)だが、日本時間3月20日に東京ドームで行われるアスレチックスとの開幕戦でグラウンドに立つことがほぼ確実となった。マリナーズのスコット・サービス監督は、開幕戦に45歳のイチローをスタメン出場させることを明言。プレシーズンマッチ2試合と同様に「9番・右翼」でスタメン出場することが予想されている。

巨人とのプレシーズンマッチ2試合でいずれも3打数ノーヒットに終わり、31打数2安打でレギュラーシーズン開幕を迎えることになったイチロー。しかし、日本時間3月18日の試合では、ライトフライを捕球したあと、三塁へダイレクトの好返球を見せ、イチローの代名詞とも言える「レーザービーム」で東京ドームの大観衆を沸かせた。打撃面では本来の活躍を見せることができていないものの、衰えを見せない守備・走塁を評価され、野手としては史上2番目の高齢で開幕スタメン入りを果たすことになった。

「彼は外野手として素晴らしいプレイを見せてくれている。三塁へのあの送球は素晴らしかった。彼は(開幕戦で)スタメン出場する予定だ。どんなプレイを見せてくれるか楽しみだね」とサービス。イチローは45歳149日で2019年のレギュラーシーズン開幕を迎えるが、これを上回るのは2004年に45歳227日で一塁手として開幕スタメン入りを果たしたフリオ・フランコ(当時ブレーブス、元ロッテ)だけだ。

日本での開幕シリーズ2試合を終えたあと、ロースター枠は28から25に減少する。故障により来日を回避したマレックス・スミスも戻ってくるため、アメリカに戻ったあとのイチローの立場は保証されたものではない。マリナーズの外野手の層は決して薄くはなく、イチローには開幕シリーズ2試合で結果を残すことが求められるはずだ。超満員が予想される東京ドームで、イチローはどのようなプレイを見せてくれるのか。「勝負の時」が迫っている。