路線バス事故、自転車の男性はねる 乗客ら4人重軽傷

©株式会社神奈川新聞社

 19日午前11時35分ごろ、横浜市旭区笹野台2丁目の市道交差点で、自転車を運転していた同区の無職男性(68)が相鉄バスの路線バスにはねられた。男性が肋骨(ろっこつ)を折ったほか、バスに乗っていた無職女性(82)が急停車した弾みで転倒して重傷を負い、別の乗客2人も軽傷を負った。

 旭署によると、現場は信号機のある十字路。直進のバスが、前方を横断中の自転車にぶつかったとみられる。バスの男性運転手(66)は「当時50~60人が乗車していた」と話しているという。